ライフ

楽天モバイル端末でデュアルシム設定方法とBIGLOBEモバイル併用のメリット

 

第4のキャリア、楽天モバイルのキャンペーンを使って新規申込をし、現在使用しているBIGLOBEモバイルSIMと1台のスマホ端末で併用して使ってみました。
カズロー

 

オッドアイ
デュアルSIMという使いかたですね

 

今回新たに申し込んだのは、

・楽天モバイル アンリミットプラン(新規契約)
・楽天モバイル対応スマホ端末(oppo A5 2020を一括購入)

 

今回はこの端末に楽天モバイルSIMと現在利用中のBIGLOBEモバイルSIMの2枚を入れて使用してみましたが、始めの設定ではBIGLOBEモバイルSIMは認識されても通信できない状態になりました。

これを使える状態にするのにググって調べましたが、複数のサイトを見なければ解決しなかったので、以下の記事内でわかりやすく解説していきます。

 

結論は楽天モバイルの端末でAPN設定をすれば解決します
カズロー

 

楽天モバイル端末でのデュアルSIM環境

今回の利用環境は下記のとおりです。

使用端末:楽天で販売しているoppo A5 2020
使用SIM①:楽天モバイル(楽天アンリミット)
使用SIM②:BIGLOBEモバイル(音声通話SIM)

楽天モバイルもBIGLOBEモバイルもすべての端末で完璧に動く訳ではありません。

特に楽天モバイルは機種によって使えなかったり、一部の機能が使えないものが多いので事前に対応機種を確認しておくことをおすすめします。

ねこキチ
楽天モバイルもBIGLOBEモバイルも端末割引セールを行っているので、セールを利用してお得に端末を手に入れるのもありだね

BIGLOBEモバイルSIMを詳しく見る

楽天モバイルを詳しく見る

 

デュアルSIMの挿入方法

注意ポイント

SIMカードを抜き差しするときはデータ消失を防ぐため電源を切ってから行います

 

step
1
SIMトレイを抜き出す

oppo A5 2020のSIMカードは本体左側面から挿入します。
付属のピンなどを使い、ピン先端を本体サイドにある穴に差し込んで押し込むとポンっとSIMトレイを抜き出せます。

※他のAndroid端末は端末の裏ブタを外して電池パックを取り外すとSIMトレイを入れるスロットがあるタイプ、本体サイドに挿入口があるタイプなどがあります。

 

step
2
SIMカードを入れる

2社のSIMカードをトレイに入れます。
SIMカードを入れる順番はどちらでも良いですが、今回は①に楽天モバイル、②にBIGLOBEモバイルを入れています。

SIMカードを端末に入れるときはカードの向きに気をつけましょう。また、小さいので落としたり飛ばしたりしないように注意が必要です。

オッドアイ
広いテーブルの上などで作業してください
2枚のSIMカードを入れたらトレイを本体に戻し電源を入れます
カズロー

 

SIMカードを使用するために必要な設定

BIGLOBEモバイルのSIMカードを端末に装着したら、APN(アクセスポイント名)設定を行う必要があります。

 

APNとは簡単にいえばインターネットに接続するための接続先のことですね
カズロー

※楽天モバイルは始めから使用できるようになっているので特に設定はいりません。

 

step
1
ホーム画面から[設定]をタップし、[デュアルSIM&モバイルネットワーク]をタップします

 

step
2
『楽天』と『BIGLOBE』が表示されているのでBIGLOBEをタップします

 

step
3
アクセスポイント名をタップします

 

step
4
アクセスポイント名を確認します

楽天から購入した製品の場合はアクセスポイント名は下記の2つが表示されています。(機種により異なる場合があります)

BIGLOBEの名前が無いので、+をタップして追加します。

 

step
5
アクセスポイントを編集する

アクセスポイントの編集画面で下記①から⑥を設定します。

入力項目

①名前:表示される接続先名なので自分でわかりやすい名前を入れてOKです
②APN:biglobe.jp
③ユーザー名:user
④パスワード:0000
⑤認証タイプ:『CHAPまたはPAP』を選択
⑥APNタイプ:default,supl,dun
※文字列の区切りは「,(コンマ)」を入力してください。

すべて入力したら保存をタップして完了です。

一部端末では、③ユーザー名(ID)をuser@biglobe.jpに設定する必要があります。
エラーが発生した場合は試してみてください。

 

step
6
アクセスポイントをBIGLOBEにチェックを入れる

以上でBIGLOBEモバイルでの通信も出来るようになりました。

 

楽天モバイルとBIGLOBEモバイルの使い分け

生活環境と楽天モバイルの楽天回線エリアによりますが、使い分けすることで携帯料金は安くなります。

 

楽天回線エリアでできること

楽天回線エリアでできること

  • 高速データ通信が完全使い放題で利用できる
  • 国内通話が使い放題(Rakuten Linkアプリ利用)

なのでスマホの利用はもちろん、パソコンのテザリングや他のWi-Fi機器もつなぎ放題です。

国内電話はRakuten Linkアプリ(無料)を使うことで使い放題ですが、通話品質が悪いという評価も見られます。

※楽天回線エリアは現在のところ東京、大阪市、名古屋市、京都市、神戸市、札幌市、福岡市など、人口密集エリアしか対応していません。また、これらの街でも郊外などは対応していない場合もあります。

詳しくは最新のサービスエリアマップをご確認ください。
楽天モバイルサービスエリア

 

楽天パートナー回線でできること

パートナー回線でできること

  • 毎月5ギガまで高速通信可能
  • 5ギガを超えても最大1Mbpsで通信使い放題
  • 国内通話が使い放題(Rakuten Linkアプリ利用)

 

 

楽天パートナー回線はau回線を利用しています。
東京都内など楽天回線エリアでも地下やビルの中などはパートナー回線になることがかなりあります。

毎月5ギガなので、YouTubeなど動画をたくさん見るかたはBIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションをおすすめします。

 

BIGLOBEモバイルでできること

チェックリスト

  • 毎月3ギガ(1,760円)、6ギガ(2,365円)、12ギガ(3,520円)~のデータ通信
  • 国内通話は22円/30秒(アプリ利用で9.9円/30秒)
  • エンタメフリーオプション(528円/月)

 

 

BIGLOBEモバイル エンタメフリーオプションの特徴

エンタメフリーオプションは下記サービスを利用する方にはかなり役立ちます。

対象サービス(2019年12月12日現在 出展=公式サイト)

◆動画配信(動画視聴のみ)
・YouTube
・AbemaTV
・U-NEXT
・YouTube Kids

◆音楽・ラジオ配信(音楽再生/ラジオ聴取のみ)
・Google Play Music
・YouTube Music
・Apple Music
・Spotify
・AWA
・Amazon Music
・LINE MUSIC
・radiko
・らじる★らじる
・dヒッツ
・RecMusic
・楽天ミュージック

◆電子書籍配信(閲覧・ダウンロードのみ)
・dマガジン
・dブック
・楽天マガジン
・楽天Kobo

◆その他のアプリ
・Facebook Messenger

 

タイプ別 楽天モバイル・BIGLOBEモバイルどっちがおすすめ

楽天モバイルのプラン料金1年無料キャンペーンを使って楽天モバイルを使いはじめ、他の格安SIMとのデュアルSIM環境を使ってみようかな?という方へ、タイプ別にデュアルSIM環境注意ポイントをまとめてみました。

楽天モバイルだけで充分かも知れない方(1年間は無料で使える)

・楽天回線エリア(東京都内など)の自宅や事務所を中心に高速通信を利用する
・通話はLINE電話やSkypeなど無料通話アプリで充分。または固定電話がある。
・コミュニケーションは通話よりもLINEやSNSなどが多い

 

オッドアイ
通話品質を求めるのであればBIGLOBEモバイルの音声通話SIMとの併用が安全です

 

BIGLOBEモバイルと1年無料の楽天モバイルの併用で1年間試してみるのもありですね
カズロー

 

BIGLOBEモバイルだけで充分かも知れない方

・楽天回線エリア以外でYouTubeやamazoミュージックなどエンタメ系の利用が多い
・自宅や事務所にWi-Fi環境がある
・通話品質も大事。

BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションがあれば月額528円(税込)でエンタメ系アプリ使い放題なので、つねに高速通信でデーター量を気にせず使えるこのオプションはかなりお得です。

3ギガプラン+音声通話SIM+エンタメフリー=月額2,288円(税込)
これが最安価格になります。

 

楽天モバイルとBIGLOBEモバイル(エンタメフリーオプション付き)の併用がおすすめな方

・自宅や事務所が楽天回線エリアで、Wi-Fiが無い場合またはポケットWi-Fiで対応している
・外出先でもYouTubeやエンタメ系アプリを使いまくりたい
・通話品質も大事

 

併用する場合の最低月額は、

・楽天モバイル=1年間無料。以降は月額3,278円(税込)
・BIGLOBEモバイル=月額2,288円(税込)
2年目以降の月額は合計で5,566円(税込)

 

オッドアイ
ドコモやau、ソフトバンクと言った3大キャリアに比べれば格安でほぼ使い放題の環境がつくれますね

 

まとめ

デュアルSIMは複数の格安SIMを利用する場合、スマホを何台も持ち歩かなくて良いのがメリットです。

さらに、今回一例としてあげた楽天モバイルとBIGLOBEモバイルの併用であれば通信料を気にせずテザリングの常時接続や動画視聴なども楽しめます。

私は現在複数の格安SIMやWi-Fiを併用していますが、楽天モバイルの品質向上や楽天回線エリアが拡大していけば楽天モバイル以外の通信サービスを2-3社解約しても問題ないと感じています。

これにより通信料金も月額数千円安くなるので、今後の楽天モバイルに期待ですね
カズロー

こちらもCHECK

楽天モバイル申し込み前に知りたい評判・料金・契約・解約のまとめ

続きを見る

BIGLOBEモバイルSIMを詳しく見る

楽天モバイルを詳しく見る

-ライフ

© 2020 かずログ