ビジネス

通勤時間は無駄な時間? いいえ、人生を変える時間です!

会社員の方、学生さんなど、通勤や通学にかかる移動時間どんなことをしていますか?
毎日必ず使わなければならない時間だから、役に立つ使い方をしたいですよね?

この記事では、

  • 通勤時間って何かうまく使う方法ないかな?
  • もしくは、通勤時間が楽しくなる方法がないかな?
  • 時間を知識やお金にかえていく方法はどんなものがあるのか?

を紹介していきます。

 

この記事を読むことで毎日の通勤時間が、

  • 価値のある時間になる
  • 通勤する時間が楽しみになる
  • すき間時間の使い方が上手になる

今まで苦痛の時間が、人生を変える時間に変わります。

 

人生を変える通勤時間の使い方

今まで苦痛でしかなかった通勤時間。特に朝は眠たくて、家を出たくなくなりますよね?
そんな時間も上手に使えば、お金、知識、技術、といった、自分の生涯使える財産を、いつの間にかあなたに与えてくれますよ。
それはまるで「積み立て貯金」や「学資保険」のように、いつの間にか積みあがります。

 

通勤時間が苦痛から楽しみに変わる

私はサラリーマン歴29年のアラフィフ世代です。
通勤方法はこれまでに、マイカー、徒歩、自転車、交通機関を経験して
通勤時間は片道10分~60分くらいが多かったです。

入社したころはマイカー通勤で10分弱のくらいだったので、朝ギリギリまで寝て、10分で用意し、車でヒゲそり、ネクタイ締めて出勤していました。

ところから会社が移転して片道60分、渋滞すると90分以上かかることも!
いままでよりも早く家を出発しなければならないのに、でも睡魔に負け、何度も遅刻しそうになったり、遅刻したり、時にはズル休みしたり、
その時は通勤する時間は苦痛でしかなかったですね。

でも、たまたま先輩が車で送ってくれた時に、時間の使い方を知りました。
車内で聞こえていたのは音楽でもラジオでもなく、英語のセリフばかりで、それは「家出のドリッピー」という英会話のCDでした。
今で言うところのスピードラーニング的な教材ですね。
経済学部を卒業して、営業の職についている先輩は、この勉強で大好きな海外旅行に行ったり、社員旅行で海外に行ったときに先頭にたって皆をエスコートしてくれたり、とてもカッコよかったのです。
そこから私の通勤時間に対する考え方が変わりました。

・・・? 前置きが長くなって申し訳ありません。

なので、通勤時間の過ごし方を色々試した体験談によって、みなさんの通勤する時間が苦痛から楽しみに、うまく変わればいいなぁーと思います。

 

通勤時間はインプットに最高の時間です

直近の1年間は約1時間の電車通勤をしています。
電車通勤は音声も動画も見れるので楽しいですが、乗り換えや徒歩が混ざると動画は厳しいですよね。
この場合のおすすめは、

・YouTubeとオーディオブック

これに限りますね。

YouTubeは視聴するチャンネル次第ですが、ブログラミング学習などは画面が無いとちょっと厳しいですね。語学や自己啓発的なチャンネルは音声だけでもかなりイケます。
しかも無料!
オススメは、

・中田敦彦のYouTube大学
出来れば動画を見たいですが、聞くだけでもある程度伝わります。つまらなかった歴史の授業や、ビジネス学も楽しく流れがつかめます。

・マナブ
内容にもよりますが、自己啓発的なコンテンツは聞くだけでやる気にさせてくれます。
私はこのチャンネルと出会ってブログをスタートしました。

・ひろゆき
聞くだけでOK。世の中の事がおもしろく分かります(ひろゆきさん個人の意見)

 

もう一つは、オーディオブック。これは「聞く読書」です。

色々な企業が独自のサービスを提供していますが、コンテンツが充実しているのは

  • Audiobook:約2万冊
  • Audible(オーディブル):約1万冊(洋書は30万冊以上)

ですね。

どちらも基本は有料サービスですが、Audible(オーディブル)であれば月額1,500円で毎月1冊は好きな本が読め、2冊目以降は30%割引、無料コンテンツもあり。です。

私はAudible(オーディブル)を利用中ですが、わかりやすい価格設定だったのも選んだポイントです。
どちらにも付いている機能で

・「読み上げ速度調節」:早く読める
・「バックグラウンド再生」:聞きながらLINEやTwitterも使える

これは便利ですね。

どちらもお試し無料期間があります。
現在は

Audible(オーディブル)はもっと語れますが長くなりそうなので今日はこの辺で終わります。

 

まとめ

今回は電車や徒歩での通勤時間を有効に使うというお話でした。
自分の興味を追求したり、将来の財産を作れる時間に変えていきましょう。
そうすれば毎日の通勤時間も楽しみになりますよ!

 

 

-ビジネス

© 2020 かずログ